フランチャイズで独立するならハウスクリーニングのおそうじ本舗

フランチャイズ加盟店募集サイト おそうじ本舗 ハウスクリーニング業界No.1 ※全国1,412店舗/2019年5月現在

フランチャイズで独立するならハウスクリーニングのおそうじ本舗

Webでの参加も可能

説明会予約

ハウスクリーニングで独立・開業・起業するには?

ハウスクリーニングで起業・独立開業する方法

ハウスクリーニングは世の中に認知され、今必要とされているビジネスです。
起業・独立開業の選択肢としてハウスクリーニングはおすすめです。起業経験が無くハウスクリーニング業界がどのようなものかわからないという方もいるでしょう。
これから起業・独立開業をしていきたい方で、ハウスクリーニングで起業・独立開業を目指す方、どういう方法で実現すればいいかお考えの方へ役立つ情報を掲載しています。

ハウスクリーニングで起業・独立開業するには大きく2つの方法が主流です。

①フランチャイズに加盟

②個人で独立開業する

それぞれの方法を詳しくご紹介していきます。

ハウスクリーニングで起業・独立開業する方法①

フランチャイズに加盟してはじめる

加盟店を募集しているフランチャイズ本部と契約を行い、ハウスクリーニング事業の経営を行っていく形となります。
フランチャイズ本部には起業・独立開業に必要なハウスクリーニングの技術指導はもちろん、経営に必要な情報や店舗の宣伝商材、事業運営の為の営業手法などのノウハウがあります。
未経験で一から起業する際は知識や経験不足からリスクが大きくなりますが、フランチャイズに加盟する場合は契約時に開業資金を支払いそのノウハウを元に経営をすることで成功しやすくなります。

ハウスクリーニングで独立・開業・起業する方法②

個人で独立開業する

フランチャイズ契約を行うことなく、個人でハウスクリーニングの事業をたちあげる方法です。
この場合様々な事業リサーチからはじまり、経営指針、ハウスクリーニングの機材や技術の知識、集客宣伝の活動もすべて自信の力で行なっていく形になります。

こんな方はハウスクリーニングで起業するのに向いています

「ハウスクリーニング事業は自分に合っているのかわからない」という方へ向けて、ハウスクリーニング業に向いている人の傾向、またおすすめできない人の傾向をご紹介します。

ハウスクリーニングの起業に向いている人①

堅実にコツコツと仕事をする事が好きな人

計画を立ててコツコツと作業をすることが苦ではなく、成果に向かって堅実に仕事を行う人はハウスクリーニング業に非常に向いている人材です。

ハウスクリーニングの起業に向いている人②

サービス業の経験がある人

ハウスクリーニングはお客様とのコミュニケーションを大切にすることも重要です。
起業・独立開業までに顧客対応力を身に着けているとニーズや希望を引き出すことでより満足度の高いサービスを提供できたり、そこからリピーターを獲得していく事が出来ます。

ハウスクリーニングの起業に向いている人③

人が喜んでくれることにやりがいを感じる人

お客様ご自身では落とせない汚れを専用の機材や洗剤でキレイにするのがハウスクリーニングの役割です。
見違えるほど綺麗になった部屋や家電製品を見て喜んで頂けることでやりがいを感じることができます。
顧客満足度による成果を感じられる人がハウスクリーニング業に向いています。

ハウスクリーニングの起業に向いていない人

①試行錯誤が苦手な人

これはフランチャイズで起業・独立開業した場合ですが、起業・独立開業についてのノウハウや、ハウスクリーニングの研修などのサポートを受けることができますが、それだけでは成功できません。
毎年継続して利益を出すことを見据えてサポートをうけつつもハウスクリーニングの受注を獲得していくために試行錯誤して事業を運営していく力が必要です。

②挨拶や態度、身だしなみを気にしない人

ハウスクリーニング業は技術もですが接客態度が営業活動に欠かせない要素になってきます。
お客様に利用して良かったと感じていただくには、ただクリーニングを行うだけではなく、どれだけ丁寧な対応をしてくれるかという点でも評価されます。
清潔感や挨拶などにも気を付けて信頼関係を築いていけるとリピーターにもつながります。

ハウスクリーニングで起業するメリット、デメリット

ハウスクリーニングで起業するメリット①

資金が少なくても開業できる

ハウスクリーニング業界では高価な設備を特に必要としないので、初期費用をあまりかけずに、他業界に比べて比較的低い資金で開業ができます。

ハウスクリーニングで起業するメリット②

需要が増えている業界なので頑張り次第で安定的に稼げる

ハウスクリーニング業界は近年の不景気な情勢にもかかわらず需要が高く成長市場といえます。
主な理由としては、

  • 高齢者の増加にともない体力の必要な清掃や住居のメンテナンスのサポートが必要
  • 共働き家庭も多く、家事に充てる時間が足りないため
  • ライフスタイルの変化にともない、時間の有効活用のために代金を支払ってプロに確実なクオリティのハウスクリーニングをしてもらい掃除の時間を自由に使いたいという意識が広まっている。
  • ハウダストやダニ・カビへの衛生観念、アレルギー対策の必要性が高まったことでプロの技術でハウスクリーリングをしてほしいという人が増加している

などがあげられます。
これらの理由からしてもハウスクリーニングサービスは今後も需要が増加し、成長し続ける可能性が見込める業界です。

ハウスクリーニングで起業するメリット③

お客さんから直接感謝してもらえる

プロによるハウスクリーニングが必要なケースは基本的に「お客様がご自信で解決できない部分」のお手伝いです。
依頼完了時にお客様が喜ぶ姿を直接見ることのできる業種なので、ハウスクリーニングのやりがいを聞かれたときに「お客様からありがとう!と感謝される」という点を挙げるオーナーが大変多いです。

ハウスクリーニングで起業するメリット④

老若男女の区別なく、長く就業できる

ハウスクリーニングというと体力が必要で男性の多い業界というイメージがあるかもしれませんが、実際は幅広い年齢層の方が起業しています。たとえば女性の一人暮らしの場合、安心感から女性スタッフに依頼するケースもあります。
また定年後も働ける業種の為、ハウスクリーニング業で起業する人も多く見受けられます。

ハウスクリーニングで起業するデメリット

①依頼を受けながら集客まで行う事が思うようにいかない

ハウスクリーニングの確かな技術をもっていても、起業・独立開業の大きな壁となるのが「集客方法」です。
他業者参入も多い中、自社を選んでもらうには実績や会社の魅力、料金体系、サービス内容などをお客様にPRしクリーニングを依頼するイメージを持ってもらう必要があります。

②価格競争の激しさから利益がなかなか出ない

いずれのハウスクリーニング業者も1件でも多く依頼を受けるために、価格競争は激化しています。
料金を安くしすぎるとて品質を維持できず、顧客満足度が低下し利益が出せない悪循環となっていくので、常に新しい技術を身に着けサービスに還元するなどのプラスアルファを工夫する試行錯誤が必要になります。

おそうじ本舗ならデメリット面のサポート体制が充実

①テレビCM、Web広告での認知度UP、チラシ・HP作成支援制度

ブランド力を強化していくことが各店舗への集客の向上につながるため、テレビCMやWeb広告を使ったマーケティング施策で認知度・依頼数の増加に努めています。

②顧客紹介制度

本部への依頼件数は年間約27万件(※2020年度実績)おそうじ本舗は直営店はなく、全てFC店舗展開のため、本部へのご依頼は全て加盟店へ紹介しています。

③定期検査講習や先輩オーナー制度

起業・独立開業後もハウスクリーニングの技術の均一化と向上のために定期的な検査講習を行っています。
また近隣ですでに加盟店として企業・独立開業している先輩オーナーからアドバイスや協力してもらえるネットワークがあるため、地域ごとの特性なども早い段階で知ることができ事業運営に反映することができます。

ハウスクリーニングで起業するための主な流れ

ハウスクリーニングで起業する流れ①

事業計画をたてる

起業・独立開業にあたっては『事業コンセプト』を設定して事業計画を立てていく必要があります。
ハウスクリーニング業の設立の動機や経営理念をできるだけ具体的に考え、経営の根幹にする必要があります。
1年間の仮の経営成績を計画し、様々な考えられる問題点も挙げ、売上の変化予想も行いましょう。それにより数パターンのプランをたてることで実現の可能性をあげることができます。

ハウスクリーニングで起業する流れ②

開業資金の調達

起業・独立開業したばかりの経営者には、まず過去の実績がないため、金融機関は一般的には積極的ではありません。
ですので会社設立の動機や経営の理念、利益を出すための具体的なプロセス、などを文書や数字でアピールすることにより、金融機関からの融資を受けやすくするという効果があります。
また、ビジネスプランについてしっかりと起業後の成長を見込んでもらえるように熱心に話せるような姿勢も重要です。

ハウスクリーニングで起業する流れ③

道具をそろえる

ハウスクリーニングの起業・独立開業においてクリーニングに必要な用具の調達はもちろん、起業・独立開業後、店舗の開店の有無、営業体制を考えたり、外注先の選定、スタッフの募集、宣伝のチラシの作成や配布、事務機器のリース等の準備も必要です。
具体的な立ち上げの手順について、確認するためのチェックリストを作成し漏れが無いようにすることをおすすめします。

ハウスクリーニングで起業する流れ④

集客を行い依頼を受ける

ひとたび起業・独立開業をしたらハウスクリーニングの依頼をうけるために日々集客を行わねばなりません。
ターゲット層と開業する地域で、どういった宣伝方法が有効かを見極めながらリピーターにつながる宣伝を行う事が大切です。

おそうじ本舗の紹介コンテンツ