フランチャイズで独立するならハウスクリーニングのおそうじ本舗

フランチャイズ加盟店募集サイト おそうじ本舗 ハウスクリーニング業界No.1 ※全国1,412店舗/2019年5月現在

フランチャイズで独立するならハウスクリーニングのおそうじ本舗

Webでの参加も可能

説明会予約

フランチャイズの各業種を比較!ハウスクリーニングで起業するメリットは?

起業するにあたり、フランチャイズ展開している企業への加盟を検討する人もいるのではないでしょうか。企業からノウハウが提供され、コストが比較的低く抑えられるフランチャイズは、初めての起業に最適といえます。

そこで、今回はフランチャイズの各業種を比較し、その中でもハウスクリーニング業で起業するメリットについて迫っていきます。

フランチャイズの業種

フランチャイズを展開する業種は大別して3つあり、小売業・外食業・サービス業となります。ここでは、それぞれの業種について解説していきます。

小売業

小売業とは、生産者や卸売業者から仕入れた商品を最終消費者に販売する業種のことです。フランチャイズ展開している小売業の中にはコンビニエンスストアなどがありますが、それ以外にも業種があります。
一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会が定める小売業における業種分類とそれに含まれる業種は以下の通りです。(コンビニエンスストアを除く)

各種商品総合小売 各種総合小売:スーパーマーケット、ワンプライスショップ(100 円ショップ)、業務スーパー、ホームセンター等
宅配販売・通信販売・無店舗販売:宅配販売、移動販売等
飲食料品関係小売 各種食料品小売:食料品、酒小売(ディスカウントストア)、米穀店等
家具・家電・家庭用品関係小売 家庭電器販売店、インテリア、家庭雑貨店等
医薬品・書籍・スポーツ用品・中古品等小売 薬局、化粧品、書籍、文具、印章店、リユース、スポーツ用品店、カメラ店、時計店等

外食業

外食業とは、店内で調理された食事を顧客が店内で食べる形態の事業を指しますが、近年では弁当店など、店舗で調理された食事を持ち帰り家などで食べてもらう業態のいわゆる中食も含まれます。

ファーストフード その他ファーストフード:サンドイッチ、フライドチキン、ドーナツ、うどん、お好み焼き・たい焼き店等
一般レストラン 焼肉店・その他の一般レストラン店:焼肉店、しゃぶしゃぶ店、韓国料理店、専門レストラン等
コーヒーショップ 喫茶店、カフェ、専門店(紅茶・緑茶等)

サービス業

サービス業とは、広い意味では第三次産業とほぼ同義で「形のない財を提供する非製造業全般」を指しますが、そのうち電気・ガス・水道業などのインフラや銀行業などの金融業・保険業、不動産業、卸売・小売業、医療・福祉、公務などといった産業に当てはまらないものがサービス業にあたります。具体的にはクリーニングサービス業や自動車整備業などとなります。

レジャーサービス・ホテル ホテル、レジャー施設等
リース・レンタルサービス CD・DVD・ビデオレンタル、建設機器レンタル、レンタカー、生活用品レンタル等
その他サービス 職業紹介、家事支援サービス、マッサージ、介護サービス、ペット関連サービス、冠婚葬祭業、保育所、運送業、情報サービス等

また、2020年に一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会が公表した、2019年度の業種分類ごとのチェーン数と店舗数、売上は以下の通りです。

掲載元:一般社団法人日本フランチャイズチェーン協会
https://www.jfa-fc.or.jp/particle/29.html

各業種の特徴

小売業系フランチャイズ

小売業系フランチャイズの特徴は、仕入れルートがあらかじめ確保されており、自ら仕入れルートを開拓しなくてよいという利点が挙げられます。また、本部には季節や気候、地域性に合わせた商品データの蓄積があり、それに沿って発注から陳列、販売を行うことで、収益を得やすくなっているといえるでしょう。気をつける点としては、業種や業態によって開業前に公的機関による講習や資格申請が必要になることが挙げられます。(例えば、食料品を販売する店舗なら食品衛生責任者、リサイクル店なら古物商許可申請、酒類を販売するなら酒類販売管理研修など)

外食業系フランチャイズ

外食業系フランチャイズの特徴は、未経験でも短期間で自分の店が開けるということでしょう。通常、飲食店を開店するにあたり、調理技術の取得をはじめメニュー開発、店舗物件の取得や改装、アルバイトなどの人材の確保や仕入れ先の開拓といったありとあらゆる準備をオーナーがする必要がありますが、フランチャイズでは研修で必要な技術やノウハウが習得できるほか、仕入れ先の紹介や人材の採用・教育などといった面において本部からのサポートを受けながら開業・開店を目指せるというメリットがあります。反面、開店するためには食品衛生責任者などの資格が必要になりますし、厨房設備などをそろえるのに相当なコストがかかるのも外食業系フランチャイズの特徴といえます。

サービス業系フランチャイズ

サービス業系フランチャイズの特徴は、小売業や外食業と比較すると、商品の在庫を抱えるリスクがほとんどない点が挙げられます。また、ハウスクリーニング業など業態によっては無店舗での開業も可能となり、低資金で始められるのもメリットです。また、特別な許認可を必要としないサービス業があるのも特徴です。

ハウスクリーニングのフランチャイズのメリット

では、ハウスクリーニングのフランチャイズのメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。

需要が安定している、将来性もある

ハウスクリーニング業は、需要があり将来性もある業種の一つといえるでしょう。なぜなら、理由として、超高齢化社会によりハウスクリーニングや家事代行サービスへの依頼がごく普通に行われるようになると予想されています。女性の社会進出が進み共働き世帯が増加しています。

ブランドの集客力のサポートがある

ハウスクリーニングを個人で始める際、障壁となるのが集客ですが、フランチャイズに加盟することで本部のブランド力により、集客をサポートしてくれるフランチャイズもあります。また、販促活動を支援してくれるため、独立開業をめざす人にとっては心強いと感じるはずです。

おそうじ本舗でハウスクリーニングの起業・独立開業がおすすめ

数あるフランチャイズ系ハウスクリーニング業の中でも、おそうじ本舗をおすすめできるポイントを3つご紹介します。

資格がなくてもはじめられる

おそうじ本舗を始めるにあたり、難しい資格などは一切必要ありません。14日間の集中特訓で実際のご家庭での掃除も体験できるほか、店舗運営や営業方法といった開業に関わる全ての研修が充実しています。

未経験OK

おそうじ本舗の新規オーナーの実に95%(2020年実績)の人が未経験からのスタートです。また、前職も製造業や営業職など、さまざまな人がおそうじ本舗での事業をスタートさせています。また、開業した後のアフターフォローも充実し、eラーニングによる講習やスキルアップのための定期講習、販促ツール制作の支援などさまざまなバックアップが受けられるので安心です。

ワークライフバランスを重視した働き方

休日や営業時間をある程度自分で決められるのも、おそうじ本舗で開業するメリットのひとつです。営業時間内にしっかり仕事をし、休日はしっかり休むという働き方を実現できるのがおそうじ本舗の魅力です。

おそうじ本舗の紹介コンテンツ