ストックビジネスとは?内容・メリットと事例を紹介

フランチャイズで起業して成功したい!未経験者が知っておきたいメリットとポイントのイメージ

近年、継続的に安定して収益を得られる「ストックビジネス」を導入する事業者が増えています。サブスクリプションサービスをはじめとしたストックビジネスは、社会情勢や景気動向による影響を受けにくく、不況にも強いとしてさまざまな業界で注目を集めているビジネスモデルです。

この記事では、ストックビジネスの基礎知識、サブスプリクションとの関係性やメリット・デメリット、さらにストックビジネスとは対照的なフロービジネスとの違いについて解説していきます。また最後には、ストックビジネスで起業する場合の具体的な事例と、成功するためのヒントも紹介します。

フランチャイズで起業

法人として開業をご検討の方

おそうじ本舗で稼げる仕組みがよくわかる
資料を無料プレゼント!

資料請求イメージ

資料請求
説明会

無料!

おそうじ本舗スタートアップガイド(無料)
こんなことがわかります

  • ハウスクリーニング業界の動向
  • 加盟オーナーの収支モデル
  • 研修支援・SVからのサポート

webでは未公開の詳細内容を掲載!

お電話でのお問い合わせはこちら

10:00~18:00 (年中無休)
※年末年始除く

0120-600-609

ストックビジネスとは?

ストックビジネスとは?のイメージ

ストックビジネスとは、ひとことで言うと「顧客から継続的に収益を得るビジネスモデル」のことです。ここでは、ストックビジネスについて詳しく解説します。

ビジネスにおける2つの事業手法

ビジネスにおいて、収益を上げる方法には2種類のモデルがあります。1つは今回の主眼である「ストックビジネス」。そしてもう1つがストックビジネスとは対照的な「フロービジネス」です。
この2つは、継続して収益を上げるモデルか、単発で収益を上げるモデルかで分けられます。

ストックビジネスの概要、特徴について

ストックビジネスは、資産(ストック)が生み出す価値をもとに事業を展開するビジネスモデルです。顧客と契約を結び、定額または従量課金方式で商品やシステム、インフラなどのサービスを提供することで継続的に安定して収入を得られます。景気に左右されることが少ないとして、多くの企業で導入されています。

サブスクリプションとの関係性とは

近年さまざまなジャンルで展開され、広く浸透している「サブスクリプション」。本来は新聞や雑誌の定期購読という意味を持ち、英語圏で古くから用いられてきた言葉です。
現在では「料金を支払って商品やコンテンツを一定期間利用できるサービス」を指し、一般的には「サブスク」という略語で知られています。動画・音楽の配信サービスやクラウド型のソフトウェアの定額利用などに取り入れられており、定期的に収益を上げられるという点で、サブスクリプションはストックビジネスの1つの型であるといえます。

ストックビジネスのメリットについて

ストックビジネスの主なメリットを3つ紹介します。

メリット①収益が安定して得られる

ストックビジネス最大のメリットは、継続的な安定性です。1度新規の顧客に契約・会員登録してもらえれば、解約や退会されない限り課金や会費によりコンスタントに売上を確保できます。
継続利用を前提としているため、天候や景気の動向といった外的要因の影響も受けにくく、一定の収益を維持しやすいのも特徴です。顧客側から見た場合でも、定額で安定したクオリティのサービスを受けられるので長期間利用しやすいというメリットがあります。

メリット②営業活動が都度は必要なく、効率的

ストックビジネスでは、最初にある程度の数の利用者を獲得した後は積極的な営業活動を行う必要はありません。新規顧客の獲得よりも必要コストの低い既存顧客の維持に注力することで、営業活動にかかるコストを削減し、より効率的で安定した事業運営が可能になります。

メリット③顧客の購買行動データを継続的に収集できる

顧客と継続してつながりを持つストックビジネスは、利用期間が長くなるに伴い、顧客データが蓄積されていくのもメリットの1つです。顧客のニーズや不満、購買動向を把握し理解することで、より長期的に利用してもらうための商品の改善や新サービスの展開も効率的に行えます。

ストックビジネスのデメリットとは?

ストックビジネスには多くのメリットがある反面、いくつかのデメリットも存在します。ストックビジネスを始める前に、デメリットについても理解しておくことが大切です。

収益を上げるまでに時間がかかる

ストックビジネスを導入するにあたっては、この先継続して利用される仕組みを構築するための時間と初期費用がかかります。
また会員1人あたり・1契約あたりに対して大きな売上は見込めない場合がほとんどなので、収益を上げるためには一定数以上の顧客を獲得することが必要です。

初期投資がかかる

収益の即効性が期待できないストックビジネスにおいては、事業の運営が軌道に乗り、売上が出るまでの期間を乗り切れるだけの運転資金も必要です。
十分な資金を用意できていない状態で事業をスタートさせてしまうと、利益がプラスになる前に資金不足に陥る可能性があります。

フロービジネスとの違い

フロービジネスとの違いのイメージ

ストックビジネスとは対照的なビジネスモデルに、フロービジネスがあります。フロービジネスは、常に新規の取引を行い、その都度売上を上げる方式のビジネスモデルです。商品やサービスを提供し、金銭を受け取った時点で取引が完了するため、売り切り型のビジネスとも呼ばれています。
会員を集めたり契約を結んだりする必要がない分、顧客が必要なときに必要なだけの商品・サービスを提供でき、品ぞろえを充実させることで幅広いニーズにも対応できます。会員数や契約に縛られるストックビジネスに比べ、短期間で収益を上げやすいのがフロービジネスの特徴です。

フロービジネスの具体例としては、下記のようなものが挙げられます。客が必要に応じて商品を購入したり、サービスを利用したりすることで売上が発生します。

  • 飲食店
  • コンビニエンスストア
  • 理美容室
  • 家電量販店
  • Web制作などの業務委託
  • 弁護士や税理士など士業の単発契約

フロービジネスのメリット・デメリット

ストックビジネスと比べて、事業を始めてから収益を上げるまでの期間が短いのがフロービジネスの大きなメリットです。会員登録や契約締結といったプロセスを必要とせず、商品やサービスが売れれば売上が出るので早い段階で収益化ができます。
1回きりの取引を繰り返す売り切り型のビジネスモデルなので、ストックビジネスのように最初に時間と費用をかけて仕組みを構築する必要もありません。新規店舗のオープン時や取り扱い商品のヒットなどで、瞬間的に大きな収益を上げることも可能です。

ただし、1度商品を購入したりサービスを利用したりした客が、その後も購入や利用を継続してくれるかは分からないため、収益の安定性の面ではストックビジネスに劣ります。
天候や周辺環境の変化で店舗への客足が遠のいたり、ブームの終了や類似商品を扱うライバル店が出現するといった外的要因に影響を受けやすい点もフロービジネスのデメリットです。また1度きりの取引を繰り返すスタイルであるため、常に新規顧客の集客とリピーターを獲得するための営業活動を行う必要があります。

ストックビジネスのタイプや例を紹介

以下に具体的なストックビジネスの事例を紹介します。
新聞の定期購読やレンタルサービスなど、ストックビジネスに該当するものにはさまざまな業種があり、IT技術の発達やサブスクリプションの普及に伴い、さらに増加する傾向にあります。

  • 定期購入型:新聞、雑誌、生協、ウォーターサーバーなど
  • レンタル(賃貸契約)型:アパート、マンション、シェアオフィス、トランクルームなど
  • レンタル(商品貸与)型:自動車、家具、ファッション、など
  • 教室会員制型:スポーツジム、ヨガ、学習塾、英会話教室、オンラインサロンなど
  • サービス型:弁護士、税理士との顧問契約など
  • ASP型:定額課金型のアプリ、動画や音楽配信サービス弁護士や税理士など士業の単発契約
  • インフラ型:電気、ガス、電話、インターネットプロバイダーなど

ストックビジネスで起業したい場合の成功のヒント

ストックビジネスで起業したい場合の成功のヒントのイメージ

最後に、ストックビジネスで起業したい方に向けて成功させるためのヒントを紹介します。

サービスの品質維持・向上を継続してユーザーの満足度につなげる

ストックビジネスでは、顧客が継続して料金を支払い、サービスを利用することが前提となっています。そのためには顧客の満足度を高め、解約や退会を防ぐための企業努力が欠かせません。顧客のニーズを的確に把握し、商品やサービスの品質維持・向上に務め、長期的に利用してもらうことが重要です。

メディアによる認知度のアップ

ストックビジネスを軌道に乗せるためには、できるだけ早く一定数以上の顧客を獲得する必要があります。TwitterやFacebook、InstagramといったSNSを活用し、商品やサービスの認知度を高めるのも有効です。
Webを駆使したマーケティングは、ストックビジネスを展開していくうえで欠かすことのできない重要な施策です。

おそうじ本舗のフランチャイズ加盟が
選ばれています!

スタッフ01

店舗数業界

括弧左側

No.1

括弧右側

※店舗数業界No.1
(2023年4月期_指定領域に
おける市場調査調査機関:
日本マーケティングリサーチ機構)

スタッフ02

全国平均月商

括弧左側

110万円

括弧右側

※開業半年以上1,391店舗の
平均、2021年度実績

おそうじ本舗 独立成功のビジョンが描ける
フランチャイズ説明会実施中!

  • 参加無料!
  • オンラインOK
  • 事前予約

説明会に参加すれば…

ホームページや口コミサイトだけでは
分からない事

が知れる!

不安な事、独立開業の悩みを
その場で相談・
解決できる!

ハウスクリーニングで独立開業を


お考えの方のお悩み一例

  • お悩み一人目自分の能力だけでちゃんと成功できる?
  • お悩み二人目住まいの近くで開業しても稼げる?
  • お悩み三人目ハウスクリーニングって
    本当にリスクが少ないビジネス?
矢印
スタッフ03

おそうじ本舗の加盟オーナーの

約99%※1

ハウスクリーニング未経験
なのに
平均月商約110万円!※2
※1…2021年1月~12月度実績
※2…開業半年以上1,391店の平均(2021年度実績)

おそうじ本舗の説明会は
リアルな情報をご紹介いたします!

参加は無料!オンラインOK!

説明会参加のお申込みはこちら

無料説明会

資金面・経営の心配事や本部のサポート体制、ライフプランなどぜひご相談ください。

オンライン説明会

ご自宅からお気軽にご参加いただけます。

関連記事

おそうじ本舗の紹介コンテンツ