早期退職を選択したほうが良い?
セカンドライフを充実させる考え方とは

早期退職を選択したほうが良い?セカンドライフを充実させる考え方とはのイメージ

昨今、早期退職を推奨・導入する企業が増えてきています。セカンドライフに向けて早期退職を選択するべきか迷っている方も少なくありません。本記事では、早期退職制度の内容や背景・メリットを解説した上で、40~50代で早期退職を検討する方に対して退職後のプランについての考え方、そしてフランチャイズ加盟で開業するという選択肢についてご紹介します。

フランチャイズで起業

法人として開業をご検討の方

おそうじ本舗で稼げる仕組みがよくわかる
資料を無料プレゼント!

資料請求イメージ

資料請求
説明会

無料!

おそうじ本舗スタートアップガイド(無料)
こんなことがわかります

  • ハウスクリーニング業界の動向
  • 加盟オーナーの収支モデル
  • 研修支援・SVからのサポート

webでは未公開の詳細内容を掲載!

お電話でのお問い合わせはこちら

10:00~18:00 (年中無休)
※年末年始除く

0120-600-609

早期退職の基礎知識!内容・種類について

早期退職に関心がある方は、まずどのような制度なのか内容・種類についてきちんと理解しておく必要があります。下記で早期退職の基礎知識についてご紹介していきます。

早期退職の基礎知識!内容・種類についてのイメージ

早期退職とは

早期退職は、企業が定める定年退職の年齢よりも早く自らの意思で退職することで、退職金が優遇される制度のことです。リストラや解雇などの一方的な契約解除とは違い、労働者側にもメリットがあります。

早期退職の種類

早期退職の種類には主に選択定年制度・希望退職制度・役職定年の3つがあります。1つずつどんな制度か解説します。

①選択定年制度

選択定年制度は、定年退職前に、従業員が自分の意思で退職する年齢を決められる制度です。定年退職する年齢は、60歳から65歳の間で決めます。選択定年制度の導入は、60歳以上の従業員の就労意識が多様化したことが大きな原因といえるでしょう。

注意しておきたいのは、選択定年制度を利用して退職した場合、会社都合ではなく自己都合扱いになるということです。したがって失業手当を受給するならば、離職後3ヶ月の失業期間がなくてはいけません。

②希望退職制度

希望退職制度は、企業が従業員の自主的な退職を募集する制度です。主な目的は人員整理で、リストラの前段階ともいえるでしょう。

希望退職制度には法的な拘束力がないため、会社が強制することはできません。希望退職制度による退職の場合、会社都合での退職となるので、退職後すぐに失業手当の受給が可能です。

しかし、能力の高い従業員や専門性が高い従業員は、会社に引き止められることもあります。希望退職は双方の合意が必須なので、引き止められても強引に退職した場合は、自己都合での退職となってしまうので注意してください。

③役職定年

役職定年は、所属している企業に残り、一般職などに異動し再出発を目指す方法です。役職定年を迎えた後は給与は下がるものの、安定した給料を得ることができます。しかし、人によっては仕事へのモチベーションを維持できなくなり、退職を選ぶ人もいます。

早期退職を導入する企業が増えている背景

近年、早期退職を導入する企業が急増しているのはなぜでしょうか?その背景は、主に2つのことが考えられます。

「2020年問題」への取り組み

大企業では、「2020年問題」と呼ばれる状況が企業の経営課題となっています。2020年問題は2つあり、1つ目は人件費の問題です。バブル・団塊ジュニア世代の高齢化によって人件費の負担が増加しており、2020年にはその人件費がピークになるといわれています。

2つ目は、ポスト不足の問題です。2020年はバブル・団塊ジュニア世代が50歳代に突入し、50歳代といえば管理職に就くチャンスが多い年代です。

しかし、バブル・団塊ジュニア世代にあたる従業員全員に、管理職のポストを確保するのは困難です。仮に全員が管理職に就けたとしても、賃金が高くなると人件費が高騰し、企業業績が悪化しやすくなります。

これら2つの問題がある2020年問題を少しでも早く解決するために、早期退職を導入する企業は今後も増加するでしょう。

業績悪化または組織再編による社内変革のため

グローバル化や感染症の流行、災害といった社会情勢の影響で業績が悪化してしまい、整理解雇を行う前に希望退職者を募る場合があります。従業員の早期退職によって、人件費の削減・将来の退職金の負担を軽減することが主な目的です。

また、企業が合併などを行った際、どうしても部署が重複する場合があり、人件費削減を行う必要があります。さらに、特別な状況ではなくとも実力主義化を目指す企業では、若手登用の前段階として、早期退職募集をする場合があります。

早期退職を導入・検討している企業

希望・早期退職者募集を実施した上場企業数についてご紹介します。東京商工リサーチの調査によると、リーマンショック後の2009年に191社9年10年以来ぶりに、2020年93社、2021年84社と2年連続80社を超えました。募集企業の数は、高水準で推移しています。

早期退職を導入・検討している企業は、業績不振の企業が中心です。実際には、募集企業の半数以上が、赤字となっています。

参考:「1000人以上の大型募集、20年ぶり高水準 コロナ禍で実施企業の二極化加速【2021年上場企業「早期・希望退職」募集状況】」

https://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20220120_01.html

早期退職するメリットとは?

早期退職を懸念している方もいるかもしれませんが、早期退職にはメリットもあります。具体的にどんなメリットがあるのか見てみましょう。

退職金が割増しされるケースがある

早期退職の場合、通常の退職金を割増しして支給されることがあります。基本的には、希望退職制度・選択定年制度のどちらも支給対象です。

一般的には割増し分の相場は年収2倍程度といわれていますが、支給額は一律に決まっているわけではなく、企業の業績によって額が異なります。退職金が多い企業ならば、退職金を元に起業したり住宅ローンを完済したりすることも可能かもしれません。

企業によっては再就職支援が受けられる場合がある

再就職先の斡旋や面接・履歴書や職務経歴書の添削、カウンセリング等のサポートを行う企業や、グループ企業への再就職斡旋を行う企業もあります。ただし、通常の定年退職では、再就職支援はないことがほとんどです。

自由な時間が得られ、新たなキャリアアップのチャンスや趣味にチャレンジできる

退職することで自由な時間が増えるので、新たなキャリアチャンス、やってみたかった趣味にチャレンジすることも可能になります。時間を上手に活用するほど、有意義な時間を過ごすことができるでしょう。

早期退職を決断する前に考えておきたいこと

早期退職にメリットがあるのはわかったものの、だからといってすぐに早期退職を決断するのは避けた方が良いです。決断前に、ここでご紹介する3つの点について考えておくことをおすすめします。

早期退職を決断する前に考えておきたいことのイメージ

退職理由の違いに注意

経営不振など会社側に原因があれば「会社都合退職」ですが、自分の意志や都合で退職すると「自己都合退職」になります。早期希望退職は、会社都合退職になることが多いです。

どちらになるかで、失業給付金の開始時期等が異なってきます。会社都合での退職なら、退職後7日間の待機期間後すぐに失業手当を受け取れます。給付日数は、最長11ヶ月です。

一方、自己都合での退職なら、退職後7日間の待機期間だけでなく最長3ヶ月間の給付制限があります。給付日数は約3~5ヶ月と短いです。

充分な貯蓄があるか確認する

早期退職後、次の仕事を見つけるまで固定収入がなくなることを踏まえて、生活費の十分な確保が必要です。

再就職の支援を受けても、条件に合った転職先がすぐに見つかるとは限りません。景気の悪化などが理由で、転職先がなかなか決まらないことも想定しておきましょう。

早期退職を推奨される従業員の年齢は40~50代と幅があり、老後の暮らしに必要な収入の手段や備えも年代によって異なります。家族に心配や迷惑をかけることもできるだけ避けたいもの。収入の見込みのないまま、早期退職を決めないようにしましょう。

老後にむけて年金に関して注意すること

早期退職後、企業に勤めず国民年金だけとなる場合、社会保険・厚生年金への加入期間が短くなってしまうため、将来受給できる年金が減る可能性があります。企業に再就職するとしても無職の期間が長くなると、その分受給する年金が減少する可能性があるので、要注意です。

早期退職後のプランの考え方

早期退職はゴールではなく、スタートです。働き方やライフスタイルをどうするかをしっかりと考えておく必要があります。明確なビジョンを持つことが、次のステージでの成功につながるでしょう。

退職後の進路をどうするか

早期退職は、自身の市場性を活かして、セカンドキャリアに挑戦するチャンスでもあります。老後のことも含めた長期的なプランを考えてみてください。

まず、自分は「何をしたいか」「何ができるか」を考え、今までのキャリアで評価されてきたことだけではなく、総合的な価値を自己分析し、自分にとって最適な働き方を考えます。

せっかく退職金の優遇を受けて早期退職しても、無計画だと転職を繰り返すことになりかねません。退職後、どのようにキャリアアップしたいかしっかりと考えることが重要です。

そのためには、会社以外の人と交流して情報交換したり、新たな仕事のために準備しておいたりすることも心がけましょう。

家族の同意を得て、どういう暮らしを築いていくかイメージする

早期退職の決断には家族の同意が不可欠なので、事前に相談して理解を得る事が必要です。1人で全て決めてから家族に報告せず、考えている今後のプランや住居費・生活費・教育費などをどう工面していくかも事前に家族と話し合っておくと安心です。

早期退職後の人生はどうする?

早期退職後は、主に3つの選択肢が考えられます。1つめは経験を活かして転職、2つめは個人で独立開業、3つめはフランチャイズに加盟して独立開業です。それぞれの特徴をご紹介しますので、早期退職を検討している方は参考にしてください。

①経験を活かして転職

まずは、今まで培ってきたスキルや経験を活かして、転職するという方法です。やりがいがあるだけでなく、安定した収入も見込めます。

ただし、40代や50代での転職は、想像以上に時間や労力を要することも考えられるでしょう。

②個人で独立開業

個人で独立開業するのも、1つの方法です。早期退職時の退職金を開業資金に充てることができるので、独立開業してやりたい目標がある方、自分の知識やノウハウを活かして仕事したい方におすすめ。

③フランチャイズに加盟して独立開業

50代で自身の満足する再就職は、母数が少ない場合があります。それならばフランチャイズで独立開業をするという方法もあります。
初めての業種・職種でもノウハウの提供や運営のサポートがあるため、選択肢がより広がるでしょう。

フランチャイズの場合、本部に支払う加盟金やロイヤリティの対価として、出店や営業支援、ノウハウの提供などを受けることができます。専門知識がない業種でも独立開業できるのは、フランチャイズならではの強みです。

早期退職後のセカンドライフを成功させたい!おそうじ本舗のフランチャイズ加盟がおすすめ!

早期退職後のセカンドライフを成功させたい!のイメージ

早期退職後に今までとは違う働き方にチャレンジしたい場合、おそうじ本舗のフランチャイズに加盟して、ハウスクリーニングの技術を身につけてキャリアチェンジするという選択肢は、いかがでしょうか?それでは、おそうじ本舗のフランチャイズ加盟のメリットを4つご紹介します。

ハウスクリーニングはこれからも続く成長市場

近年、高齢者世帯の増加に加え、共働き世帯も増えていることから、ハウスクリーニングは今後も市場拡大が見込まれます。生活していく上で欠かせないサービスなので、景気にも左右されません。

未経験でも安心できる充実の研修体制

おそうじ本舗には、計14日間の研修があり、しっかりと知識や技術を身に付けられるので未経験でも安心です。研修には技術研修やサービス研修、経営者育成研修などがあり、再研修も無料。わからないことや困ったことがあれば担当スーパーバイザーがしっかりサポートしてくれるので未経験でも大丈夫です。

実際に、おそうじ本舗フランチャイズで開業した9割以上のオーナーがハウスクリーニング・清掃業の経験がない方です。(2021年度実績)

ワークライフバランスの向上も目指せる

時間・収入を自身でコントロールしながら働くことができ、ワークライフバランスの向上を目指せます。就業時間を自分で決められるので、家族との時間を増やすことも可能です。頑張れば頑張った分だけ稼げるシステムなので、モチベーションも高まります。

確立したビジネスモデルが提供されるから経営に専念できる

利益を生み出すシステムが確立されている上、ブランド力と売上アップ支援もあるので、安定した収益を目指せます。また、本部が集客をサポートしてくれるので、オーナーは経営に専念できるのです。

おそうじ本舗のフランチャイズ加盟が
選ばれています!

カズレーサー01

業界店舗数

括弧左側

No.1

※2021年9月
当社調べ

括弧右側
なつ01

全国平均月商

括弧左側

110万円

※開業半年以上
1,391店舗



の平均、
2021年度実績

括弧右側

おそうじ本舗 独立成功のビジョンが描ける
フランチャイズ説明会実施中!

  • 参加無料!
  • オンラインOK
  • 事前予約

説明会に参加すれば…

ホームページや口コミサイトだけでは
分からない事

が知れる!

不安な事、独立開業の悩みを
その場で相談・
解決できる!

ハウスクリーニングで独立開業を


お考えの方のお悩み一例

  • お悩み一人目自分の能力だけでちゃんと成功できる?
  • お悩み二人目住まいの近くで開業しても稼げる?
  • お悩み三人目ハウスクリーニングって
    本当にリスクが少ないビジネス?
矢印
カズレーサー02

おそうじ本舗の加盟オーナーの

約99%※1

ハウスクリーニング未経験
なのに

平均月商約110万円!※2
※1…2021年度実績 ※2…2021年1月~12月加盟実績

おそうじ本舗の説明会は
リアルな情報をご紹介いたします!

参加は無料!オンラインOK!

説明会参加のお申込みはこちら

無料説明会

資金面・経営の心配事や本部のサポート体制、ライフプランなどぜひご相談ください。

オンライン説明会

非対面なので感染リスクがなく安心。ご自宅からお気軽にご参加いただけます。

おそうじ本舗の紹介コンテンツ