フランチャイズで独立するならハウスクリーニングのおそうじ本舗

フランチャイズ加盟店募集サイト おそうじ本舗 ハウスクリーニング業界No.1 ※全国1,412店舗/2019年5月現在

フランチャイズで独立するならハウスクリーニングのおそうじ本舗

Webでの参加も可能

説明会予約

ハウスクリーニング業の技術習得はどうする?
おそうじ本舗のフランチャイズ加盟がおすすめの理由

ハウスクリーニング業で起業を検討している人の中には、資格や技術をきちんと習得してから開業を目指したいと考えている人も少なくないでしょう。
確かに、技術をきちんと習得してからでないと、開業は難しいという側面は否めません。
しかし、ハウスクリーニング業での起業にあたり、必ずしも資格は重要ではないのです。
そこで今回は、ハウスクリーニング業の技術習得について見ていきましょう。

ハウスクリーニングの独立・開業のために「資格」を取得するべき?

ハウスクリーニングの開業のため、さまざまな資格を取りたいという人もいます。
では、なぜ資格取得を考えているのでしょうか。そこには、こんな理由がありました。

資格を取りたい方の本音は?独立開業にむけて「きちんと技術を習得したい」が動機

おそうじ本舗などのオーナー加盟を募集しているハウスクリーニング業において、独立・開業に興味がある、あるいは目指しているという方の中には「ハウスクリーニングで開業をするなら資格が必要ではないか」という悩みを抱えやすい傾向があるようです。
その理由として、大きく次の二つを挙げることができるでしょう。

  • プロとしてクオリティの高いサービス提供をするために資格取得を通して技術を身に着けたい
  • 資格を保持していることで依頼時に信頼感を感じてほしい、集客に役立てたい

確かに、知識を得ることでより確実に的確なハウスクリーニングを行うことができますし、また、資格が集客につながりやすいのではないかと思うのは合理的な考えと言えるでしょう。
ユーザーの目線に立ってみても、資格があるのとないのとでは、ある人に依頼した方が安心感が違うと思われがちです。

また、初めて挑戦するハウスクリーニング業の起業・独立開業に向けて「プロの技術」を習得したいという気持ちが、ハウスクリーニングの資格が必要と感じる要因のひとつになっているのではないでしょうか。

注目している方が多い資格「ハウスクリーニング技能士」

では、ハウスクリーニング業の資格には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、代表的な国家資格に絞って見ていきたいと思います。

ハウスクリーニングの資格として代表的な「ハウスクリーニング技能士検定」

ハウスクリーニングの資格は関連団体ごとに多種多様なものがありますが、ハウスクリーニングの資格の中でもっとも代表的なのがこのハウスクリーニング技能士です。

ハウスクリーニング技能士とは、技能検定の一種で、社団法人全国ハウスクリーニング協会が実施するハウスクリーニングに関する学科及び実技試験に合格した人が得られる国家資格となります。

厚生労働省が認定した国家資格のため、知識面・実技面で求められる基準がしっかり設けられ、実技試験では7つの清掃をそれぞれ制限時間内にきちんと終わらせられるかが問われます。
また、筆記試験では洗剤の特徴から労働災害の理由まで、幅広い知識が問われるものとなります。

合格後には資格取得後に行われる研修会に参加することができます。
研修会では、ハウスクリーニングの講義を受けたり、また清掃に関連する企業の見学など、ハウスクリーニングに必要な知識をさらに深めることが出来るのです。

資格を習得してから開業と考えることの落とし穴!遠回りになっていないか要注意

しかし、一見ハウスクリーニング業開業に必要とされる資格取得にも思わぬ落とし穴があるのです。それは一体どんなものなのでしょうか。

資格取得までが長期間に及ぶためハウスクリーニングの開業・独立が遠回りになる

実は、ハウスクリーニング技能士の検定が行われるのは1年に1度となります。
そのため、資格を取得してから開業したい方はかなりの準備期間を必要とします。
また、技能検定合格率は2020年度で27.6%(※)とかなりの狭き門であることにも注意しておく必要があります。

※公益社団法人 全国ハウスクリーニング協会「技能検定」
https://housecleaning-kyokai.org/examination/number.phpより

未経験では受験できず実務経験が必要

さらに、未経験の場合はさらなるハードルがあります。

ハウスクリーニング技能士の応募要項には単一等級の技能検定の受験に必要となる実務経験として3年と規定されていますが、この実務経験者とは、パートやアルバイトを含めて、概ね1週24時間以上勤務する者を指します。
受検申請受付期間の最終日現在で、3年以上の実務経験を必要とするため、未経験から資格取得を目指すにはかなりの年月がかかります。

国家資格という点で信頼度が高く、基準がしっかりした技術を取得することになるため、ハウスクリーニング業の起業にはプラスな面ももちろんあります。
しかし、未経験では受験できないことに加え、資格取得に期間を要することが、肝心の起業・独立開業の足かせになりかねないのです。

独立・開業・企業 お悩み別アドバイス

おそうじ本舗のフランチャイズ加盟前に資格取得は必要なし!

おそうじ本舗のフランチャイズに加盟したいと思っていても、資格もなければ技術や経験がないという理由でためらっている人もいるのではないでしょうか。
しかし、おそうじ本舗では、無資格でも未経験でも始めたいと思ったときに始められる上に短期間で独立開業が可能です。では、その理由を見ていきましょう。

おそうじ本舗は短期集中で開業に向けて確かな技術を習得できる!

おそうじ本舗では、ハウスクリーニングの独立開業についての研修を14日間で集中的に行います。
水回りから床、エアコンに至るまで、ありとあらゆる清掃の技術を習得でき、プロのハウスクリーニング業の第一歩を踏み出せるのです。

技術習得だけじゃない!営業面・顧客獲得にむけた経営研修

ハウスクリーニング関連の資格取得だけでは学ぶことのできないのが経営面や営業面の知識ですが、おそうじ本舗は効果的な営業方法、店舗経営なども研修でサポートします。
おそうじ本舗なら資格を取得せずに独立・開業が目指せる理由はこちらでも詳しくご紹介しています。

未経験・技術がなくてもハウスクリーニング業で起業できるおそうじ本舗のサポート

技術の取得や営業、経営の研修以外でもハウスクリーニングの独立・開業に向けて充実したおそうじ本舗のサポート体制があるのも、おそうじ本舗の特徴です。
具体的にはこちらの3つになります。

  • テレビCM、Web広告での認知度UPやチラシ、HP作成支援制度
  • 顧客紹介制度
  • 定期検査講習や先輩オーナー紹介制度

認知度が高く、集客しやすいことに加え、店舗独自のチラシやウェブサイトでの集客のサポートをしてくれるのは、起業したての人にはありがたいもの。
その上、顧客を紹介してもらえたり、先輩オーナーとの交流があるのも、おそうじ本舗のフランチャイズで起業するメリットです。
また、定期的に新しい技術の習得のための研修も受けられるのは、ライバルに差をつける意味でも有意義なことです。

いかがでしたか?
プロとして求められるレベルの技術を習得したい人の学習方法として、ハウスクリーニング技能士をはじめとした資格を取るのも一つの手段となります。
しかし、「ハウスクリーニングの起業・独立開業」に専念するには資格にかかる期間などの労力とのバランスの見極めが大切なのです。
ハウスクリーニング業の需要が見込まれる今こそ、おそうじ本舗での起業を考えてみるのも一つの方法です。

おそうじ本舗の紹介コンテンツ