オーナーの声

レールの敷かれた人生も悪くない!

Image

ホーム > ハウスクリーニング市場 > 拡大するハウスクリーニング市場

拡大するハウスクリーニング市場

女性の社会進出、共働き世帯の増加、高齢化社会、ライフスタイルの変化などの社会変化や、ダニやハウスダストを原因とするアレルギーに対する関心の高まりの影響により、今後もより一層の市場拡大が見込まれています。生活必需品である家事代行サービスは、景気に左右されにくいサービスであり、今後の日本が歩んでいく時代の流れに沿ったビジネスへと成長していくと考えられます。

ハウスクリーニング市場規模拡大の要因

ハウスクリーニング市場規模

女性の社会進出

女性の社会進出

1986年に「男女雇用機会均等法」が施行されてから約25年たった現在は「女性が仕事を持つ」というのは既に一般的になっています。働く女性が増えれば、それだけ「家事にかける時間」が減少しますので、我々のような専門業者に清掃をお願いするご家庭は着実に増え続けています。当社においても30代から50代の女性の方からの依頼が一番を占めています。

少子高齢化社会

少子高齢化社会

今後深刻な社会問題となる高齢化ですが、総務省によると2025年には全体の3分の1は高齢者になります。これは私達おそうじ本舗にとって大きな市場の拡大になります。それは、高齢になったお客様が体力の衰えによって掃除が困難になり、家事代行サービスを依頼する時代となるからです。また、介護保険法の改正などにより、我々のニーズは一層高まってきています。

家屋構造の変化

家屋構造の変化

日本古来の「畳」などが住宅からだんだん少なくり、代わりに「フローリング」などがすでに一般化されています。また、エアコンは昔の家庭ではほとんど「一家に1台」でしたが、現在は「1部屋に1台」が主流です。生活する上では便利になってきていますが、自分で掃除ができないものが増えた時代になっています。

時間をお金で買う時代

家屋構造の変化

共働きの夫婦にとっては仕事と家事を両立させなければなりません。しかし、子供の世話や、介護を必要とするご家庭の場合は、ある程度の時間をかけなければなりません。その意味から、「時間を短縮できるものはなるべく短縮したい」という要望が強く出てきているのが現代社会です。

競合他社が少ない

競合他社が少ない

現在全国各地で営業している清掃業者は沢山いますがその9割は空室や飲食店や美容院など店舗を中心としている業者になります。ハウスクリーニングの業者は非常にまだまだ少ないのが今の現状です。なぜならば、ハウスクリーニングは一般のご家庭に入り込むサービスなので、安心・信頼が必要となるため、大きな看板が必要となるのです。その点で全国展開しているおそうじ本舗はブランド力が高いのでお客様から支持されているのです。

説明会のご予約資料のご請求

0120-600-609

ページトップへ